日々の泡沫

Tchaikovsky ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35


あまりに有名なので
リクエストするのが憚られ
でもライオンで一度は聴いてみたいと
夢見ていたところ

本日の定時コンサートの曲目に

思いのほかあっけなく叶った夢

しかしうれしかった

かかった瞬間うれしさのあまり鳥肌が立った

いつも聴いているのと
異なるヴァイオリニストの演奏なので
少し違和感

演奏する人が違うだけで
これだけまったくもって異なる曲になってしまうものか

んー
これが
演奏者の違いによるものなのか
指揮者の違いによるものなのか
その両方なのか
よくわからない

残念ながら
まだまだ違いのわからない女

速さはいつも聴いているほうが好きだったけれども
ソロのヴァイオリニスト独自のアレンジの仕方は
ライオンで聴いた曲のほうが好きだった

演奏者によっても指揮者によっても
驚くほど姿を変える

同じ曲でありながら同じ曲でない

触れれば触れるほど
どんどん深みにはまっていく気がする

まぁ
相手がクラッシックなら
それも悪くはない
[PR]
by hibinoutakata | 2008-07-22 21:30 |