日々の泡沫

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ワープする宇宙と想いと夢

まだ読み始めたばかりだけれども
興奮冷めやらぬので
冷めないうちに備忘録的に書いておこうと思う

旦那さんのすすめで読み始めた
「ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く」

題名だけ読むとオカルトチックだけれども
余剰次元の存在の可能性について
物理学者のランドール博士がごくごく身近な例を用いながら
専門的なことがわからない私たちにもわかりやすく執筆している
まっとうな本

この本によると、私たちの目には見えない
もっと複数の次元が存在する可能性があるというのだ

本書によると身近な例でその可能性が示唆されている

---

最近では一般的な焦げ付かないフライパン

このフライパンをコーティングしているのは「準結晶」という物質で
「結晶」は原子や分子が規則的に並んでいるのに対し
「準結晶」の原子や分子の配列は既存の並びいずれにも合致しない

この奇妙な物質の分子の並びは3次元においてはまったく不可解に見えるが
高次元世界においては秩序のとれた構造になる

準結晶でコーティングされたフライパンは高次元結晶と3次元の食材との
構造的な違い(原子の配列が違うからそれぞれの原子が互いに結合しない)
を利用している

---

この話を旦那さんから聞いて俄然わくわくして
この本を読み始め、まだ数十ページしか読んでいないのだけれども

仮に、この目には見えない高次元が実際に存在するとしたら

想いはどこからくるのか
夢とは一体なんだろう

よく、ふと思うこの永遠の謎とも思える
これらの問いも、もしかしたら説明がつくかもしれない
そう思った瞬間ぞくっとした

だって不思議でならない

想いはなんの意識をしなくても浮かんでくるし
怖い夢でがばりと起きることも多々ある

想いも夢もどこから発生するのかちっともわからない

自分の脳の中で起こっていることなのに
理解できず歯がゆいし気持ちが悪い

でもそれは、3次元の世界しか知らず
3次元の世界でしか考えられないからわからない

ただそれだけのことなのかもしれない

もしも人間の体の中で唯一脳だけが
高次元との関わりを持っていて
その関わりの中から夢や想いが発生しているとすれば・・・

思わずそんなことを考えてしまうほど
この本は高次元世界の存在は決して夢物語ではないという
説得力に溢れている

あ~、高校の化学と物理、
毛嫌いしないでがんばってみればよかったなぁ

なんて今思っても遅いけれども
真剣に悔やんでしまうほどこの本はおもしろい

こういう本を学校で授業に取り上げてくれたら
いいとっかかりになるんだろうなぁ

最後まで読んだ感想はまた後日にでも
[PR]
by hibinoutakata | 2009-08-02 23:08 |

簡単金継ぎ

d0116959_1629333.jpg


8月に入りました

雨降りしきり
涼しい中
蝉が鳴く

暑いのは厭だけれど
なんだか調子の狂う
少し怖い夏です

d0116959_16295987.jpg


今日は出かけようと思っていたけれど
朝から雨模様でやる気を失い

ずっとやろうやろうと思っていて
ほったらかしていた
簡単金継ぎを実行に移しました

これは友人にいただいた
結婚祝いの萩焼のお湯呑み

縁がほんの少し欠けてしまっていました
プチっと金が入って
これはこれでとっても素敵な景色に

d0116959_16302188.jpg


「和の器」という本に載っている簡単金継ぎは
本当に簡単で感嘆

金属用のエポキシパテを練って欠け部分を埋めて
新うるしと真鍮粉(金粉よりも安価ですが金に近い色です)
を混ぜたものをうすめ液で薄め
パテで埋めた部分に塗るだけ
(本にはパテで埋めたあとを磨く工程もありますが
指紋を残さないようにうまい具合に埋め込めば必要ないかと)

本格的な金継ぎをするとなると
道具を揃えるのにお金はかかるは
手間はかかるはで実際的ではありません

もちろんよほど思い入れのあるうつわならば
むしろ本格的な金継ぎを行うべきだと思いますが
その場合はプロに頼んだ方が無難な気がします

普段使いのうつわで欠け程度であれば
安いし早いしのこの方法はとってもおすすめ

d0116959_16304269.jpg


もちろん金色が入るのはちょっと・・・
という場合は銀粉を使ったり
最近の新うるしは赤や緑など色見も豊富なので
お好みに仕上げることが可能です

なんだかどこかのサクラのような言い回しになってきましたが
そういうわけではありません 笑

愛着のある普段使いのうつわが
欠けてしまって・・・と悲しみに暮れている方に
ぜひトライしてみていただきたいというだけなのです

d0116959_1631329.jpg


ちょっとした欠けだから、まいっか
と欠けたままでちょこちょこ使っていましたが
ちょっと手をかけてあげるだけで
うつわがまた違う表情を見せてくれて

うれしくてたまりません

愛おしいうつわたちを
遠慮なくいっぱい使って
なんでもない日も
何気ない瞬間も
小さな幸せを感じられるように
[PR]
by hibinoutakata | 2009-08-02 17:10 |