日々の泡沫

カテゴリ:音( 12 )

羊毛とおはな


新しいアルバムがでていました

LIVE IN LIVING '08

旦那さんにきらきらした目で訴え
いちもにもなく買ってしましましまました

だいすきなMy favorite things
のカヴァーもあり
とてもとてもいい感じ

はなさんの歌声は
ほんとうに落ち着きます

ふわふわ
ふわふわ

ひっそり

ふわふわ

聴きながらご飯を作れば
いっそうおいしくできあがりそう

栄養いっぱいの一枚
[PR]
by hibinoutakata | 2008-09-14 17:19 |

Tchaikovsky ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35


あまりに有名なので
リクエストするのが憚られ
でもライオンで一度は聴いてみたいと
夢見ていたところ

本日の定時コンサートの曲目に

思いのほかあっけなく叶った夢

しかしうれしかった

かかった瞬間うれしさのあまり鳥肌が立った

いつも聴いているのと
異なるヴァイオリニストの演奏なので
少し違和感

演奏する人が違うだけで
これだけまったくもって異なる曲になってしまうものか

んー
これが
演奏者の違いによるものなのか
指揮者の違いによるものなのか
その両方なのか
よくわからない

残念ながら
まだまだ違いのわからない女

速さはいつも聴いているほうが好きだったけれども
ソロのヴァイオリニスト独自のアレンジの仕方は
ライオンで聴いた曲のほうが好きだった

演奏者によっても指揮者によっても
驚くほど姿を変える

同じ曲でありながら同じ曲でない

触れれば触れるほど
どんどん深みにはまっていく気がする

まぁ
相手がクラッシックなら
それも悪くはない
[PR]
by hibinoutakata | 2008-07-22 21:30 |

名曲喫茶ライオン



やっとみつけた


東京にきて以来
お家の次に居心地のいい場所を
探し求め

求め続け

やっとみつけました


渋谷は道玄坂の
名曲喫茶ライオン


前から存在は知っており
最近殊にクラシックばかり聴いており
行ってみたいとなぁと思いはすれど
重い腰はなかなかあがらず


そんな中、今日
色んな条件がマッチしたので
仕事後に行ってみることに


仕事場から徒歩10分弱
思いのほか近かった


多少迷ってしまったため
ピンクピンクしたラブホテル街を練り歩き
やっとこさ辿り着く


創業80年
レトロな外観


創業当初
道玄坂がラブホテル街になるなんて
想像だにしていなかったことでしょう


しかし扉を開けた瞬間
ピンクな空気が分を弁えたようにすっと自ら退くのを感じた


粛々とした静謐な空間
私がこの上なく求めていた空間が
そこに在った


もうその時点で
心の底からうれしくなり
やっとみつけた
そう思った


1階の席はそのほとんどが
巨大なスピーカーに向かって並んでおり
心ゆくまで音にうずもれることができる

お客さんはみんな一人
それもまたいい

そしてそして、音が素晴らしい
聴いているだけで
何時間でもボーっとできてしまいそうなほどに


一人一曲だけリクエストできるのだけど
今日は勇気が出なくてあきらめてしまった


恐らくかなり高い頻度で通いそうなので
これから徐々にね


クラシックをぼちぼちと開拓していきたく


あーほんとに幸せ


こちらがライオンの公式HP
素晴らしい空間なので
興味のある方おすすめです
http://lion.main.jp/
[PR]
by hibinoutakata | 2008-06-10 01:54 |

Tabula Rasa

/**

「拭われた石版」

人間は先験的な知覚を有さない状態で産まれてくるという経験主義の立場から説かれた概念

哲学史的にはロックの『人間知性論』の草稿で提起されたとするのが定説

作者による知覚の具体化が一切放棄され、ただ署名を付されただけで投げ出されたこれらの作品は、観者の先験的な知覚をも「白紙」へと還元する側面があるという仮説によって検証された。
そしてこれらの作品は、美術館のホワイト・キューブが逆に抑圧的な側面をもつことをも明らかにした。

**/

以上
http://www.dnp.co.jp/artscape/reference/artwords/k_t/tabula_rasa.html
より抜粋

今調べてみて
へぇ
という感じだった
うん
よくわからないけど

Tabula Rasa

Jazzでもclassicでもなく
環境音楽に近い

これが
とにかく
添う

添ってしまうのだ

のでここ最近聞き続けているalbumのひとつ

添わない人は
全く以って受け入れられないと思う


少なくともちっとも健康的では無いんじゃないかな

たは

ただ

私のここ最近の栄養素のひとつとなっていることは確か
[PR]
by hibinoutakata | 2007-09-09 00:48 |

classic

とっぷりと漬かっている

ほぉんとに
とっぷりと

ほんとうに気持ちよくて

その魅力に惹き込まれてしまうと最期
なのかもしれない

今まで聴いてきた
(私が聴いてきた音なんてたかがしれているけれども)
音の中では
最も精神世界に近い音の集合であり連なり

どの楽曲を聴いてもそう感じるから
(今の?)私にとってはそういう音なのかもしれない

だから日によっては
どうしても聴けないものも当然ある

ウォークマンのメモリはいつの間にかclassicの波に侵食されつつある

そして聴けば聴くほど
指揮者が気になる

いやぁ、指揮者ってすごいしすごくおもしろいだろうと思う

でも
どうしてここで急ぐのかな
もっと溜めてくれないのかな
もったいないなぁ
と思ってしまうことが多い多い
ど素人の戯言ですが

まずは好きな指揮者を見つけんといかんな
ということがわかってきた

classicではないけれど
Keith JarrettのThe Koln Concert

やはり秀逸だと改めて思う
無心の中に精神世界の境地が映し出されている
だから何度繰り返し聴いても新鮮

いつかこういう音と同じ空気の中で出逢いたい
そう思う
[PR]
by hibinoutakata | 2007-09-08 03:13 |

羊毛とおはな

VilledgeVanguard

大好きな遊べる本屋
に入った瞬間

誰、これ

と思って
速攻店員さんに尋ねた

VilledgeVanguard限定販売らしい

ここ1ヶ月くらい
中毒のように聴き続けてる

羊毛とおはな
「LIVE IN LIVING」

とにかく声がいい
もう大好き

ほんとうに落ち着く

あんな声で歌えたら
人生変わるだろうなぁ

LIVEは関東圏のみ
いまのところね
やっぱり東京にはいいものが集まる
そこは否めないなぁ

花屋もいっぱいあるしなぁ

今夜は
東京の大学で助教授をやっている叔父と呑んだ
長年東京で暮らしていても
こんなに素敵でいられるんだなぁ
ってちょっと感動した
よくしゃべりよく呑みよく笑う
とてもおだやかで温かくて味のあるおじさんだった

親戚めぐりの旅をいつかしてみようと
ふと思った
知らない親戚、けっこういるぞ
会ってみないと勿体無い気がする
[PR]
by hibinoutakata | 2007-08-30 22:26 |

これこそ遏雲なのかもしれない音

classicを無性に聴きたくなり
実家でいっぱい仕入れてきて以来

毎朝毎夕
通勤時会社帰りのバスの中

仕事中ふっと集中が途切れた瞬間

流れるのは

BachChopinVivaldiMendelssohnSatieKeithJarrettDebussy
・・・

最近殊に感じるのは
自然に一番相性がいいのはClassicだ
ということ

先日山閑人への往復は
ほとんどClassic漬けだった

何故こんなにも無性にClassicなのか
正直皆目見当もつかない

それはもう突然で

でもずーっと欲していて
たまたま実家に帰る機会と重なって
よかったなぁと思う

音楽は
JazzとClassic

その辺に絞られていく気がする
あくまで個人的に添うのは、ね

まささんのいう通り
[PR]
by hibinoutakata | 2007-08-28 23:42 |

高鈴

10年

通っている美容室の美容師さんが貸してくれた
高鈴の最新作

といっても出たのはだいぶ前かな
「いろどおり」

やっぱり、いいなぁ

沿う

もちろん
全部が全部じゃない

いかなる作り手の作品も
全部が全部
心に沿うなんて
ない
と思う

溜息
ドール
僕の町までいかないか

この3曲は特に好き

曲想第一
歌詞第二
な人間なので
つかまれてしまう
[PR]
by hibinoutakata | 2007-06-18 23:50 |

KENG


かっこいい
しぶい

ひゃー

ほんとに素敵でした

みなさんの
お墨付きなはず

途中からきた
感じのいいおじさまは

某テレビ局の
福岡総支社長でした

いやぁ
おもしろそうな感じの方

いいものや人や音は
いい人や音やものを

呼び寄せてしまうのね

そいういうものなのね
きっと

KENGがカナダに旅立つまでは
しっかり通いつめよう
[PR]
by hibinoutakata | 2007-05-11 00:24 |

オーサカ=モノレールは

やはりよかった

もう、ものすごく

これはもはや
ファンですね

そんな領域です

彼らの活動は
要check it out

次回も必ず

関東では
しょっちゅうライブやってる

いいなぁ
[PR]
by hibinoutakata | 2007-05-09 00:03 |