日々の泡沫

器めぐり一人旅~2日目・倉敷(予定外)~

2日目

備前入りする予定でしたが
広島ユースホステルで出会った
あさみさん
倉敷のよさを熱弁

写真も見て
どうしても行きたくなり
ちょこっと寄ってみようと思い
路線変更


こぉれがまぁたよかったぁぁぁぁぁ


欧州の絵画があるため
米軍が爆弾を落とさなかったそうで
古い建物がたくさん

以前友人から
大原美術館は良いと聞いていました

はっきり言って
芸術にはまったくうとくて
特に絵のことはよくわかりません

しかしながら

あ、いい

と感じた絵が
こんなにたくさん

洋)
エドゥワール・マネ 「薄布のある帽子をかぶる女」
ポール・セザンヌ 「風景」
エドゥワール・ヴァイヤール 「薯をむくヴァイヤール婦人」
ウージューヌ・カリエール 「想い」
モーリス・ユトリロ 「パリ郊外-サン・ドン」
アイム・スーティン 「鴨」
ベン・ニコルソン
ジャン・フォートリエ 「人質」
アントニ・タビエス 「グレーの土の弧形」
ルイーズ・ネヴェルソン
マーク・ロスコ 「無題(緑の上の緑)」
ジャスパー・ジョーンズ
サム・フランシス 「メキシコ」

和)
熊谷 守一 「陽の死んだ日」
坂本 繁二郎 「髪洗い」
青木 繁
松本 竣介 「都会」
麻生 三郎 「くぼみ」
難波田 龍起
斉藤 義重
猪熊 弦一郎 「作品」
須田 国太郎
津上 みゆき
東島 毅

ひと目も憚らず
メモりまくりました

画家が好きなのか
たまたまその作品が好きだったのか
それはこれからゆっくり吟味していこうかと

何事もきっかけをつかむのは大事で
あとは自分でどれだけ広げていけるか

佐伯祐三の絵を
2枚も観ることができたのには
感動しました

無料で入れる美術館も多く
それぞれよかった

思いもかけず
長居をしてしまい
この日は備前までたどりつけず

1日目で味をしめたため
岡山のユースホステルに連絡

翌日は満杯だったそう

行き当たりばったりにしては
できすぎくらいに
順調

日頃の行いかな

にし

d0116959_1251257.jpg
d0116959_15425915.jpg

[PR]
by hibinoutakata | 2007-05-05 12:52 |